★ MELODY GARDOT / My One & Only Thrill


今までコメントをしてくださった常連さんや、これからこのブログに関してコメントをしてくださるという方は、@tex_machineにメッセージを送ってください。


★ V.A. / The Jerry Ragovoy Story: Time Is on My Side 1953 - 2003


ジェリー・ラゴヴォイ”も今年の7月に亡くなったんだねー。20世紀に活躍した人がどんどんいなくなっていくなあ。この人といったら、やっぱり“ローリング・ストーンズ”「Time Is on My Side」なんだけど、昔、僕がとても若くて今日よりもっと若かった頃は、この曲はストーンズのオリジナルだと思っていました。全然スタンダードのカヴァーという雰囲気がしなかったんですね。非常に板に付いていたという事なんでしょう。


しかし、このCDのジャケット写真のラゴヴォイ、超悪人面ですね。もっと良い写真を選んであげれば良かったのに。


★ MICHELLE WILLSON / So Emotional


いつもいつも、女が唄うブルースなんて聴いていられるか!と、思いっきり男尊女卑の発言をしていますが、この“ミッシェル・ウィルスン”という人は別。どういう訳かかなり好きなんです。


無理して男ぶっている感じがないからかなあ?これはおススメです。